fbpx

レクリエーションセンター

夏季児童・青少年レクリエーションパスの記事
サマー ファン レクリエーション パスで夏に備えましょう!

楽しい夏を過ごして、地元のレクリエーション センターでお金を節約しましょう! メトロ バンクーバーの多くの都市では、この夏、子供や青少年向けに、プール、スケート リンク、フィットネス センターなどの施設を利用できる割引サマー レクリエーション パスを提供しています。 パスを購入すると、子供と若者は次のことができます。
読み続けて "

バンクーバーのケリスデールコミュニティセンター
ケリスデールコミュニティセンター

1952年に建てられたケリスデールコミュニティセンターは、バンクーバーにある元々のコミュニティセンターのXNUMXつです。 コミュニティセンターでは、すべての年齢層向けに幅広いレクリエーションプログラムを提供しています。 水泳レッスン、ダンス、陶器、健康とフィットネスのクラスがすべて利用可能です。 屋内と屋外の遊び場もあります
読み続けて "

マーポールオークリッジコミュニティセンター

マーポールオークリッジコミュニティセンターでは、継続的なプログラム、特別なイベントやアクティビティ、ワークショップ、スポーツ、ヨガ、ピラティス、音楽、ダンス、エアロビクス、アカデミッククラスを開催しています。 コミュニティフィットネスセンターには、ウェイトルーム、カーディオルーム、ラケットボールコート、ジェットバス、サウナがあります。 屋外のバスケットボールとホッケーのスポーツコート、および散歩道は、
読み続けて "

レンフリューパークコミュニティセンター

レンフルーパークコミュニティセンターは、壮大なレンフルーラヴィンパークの南端にあります。 コミュニティセンターは1963年にオープンし、長年にわたってバンクーバーの何千もの家族にサービスを提供してきました。 幼稚園、ジム、スポーツ活動など、あらゆる年齢層向けのさまざまなプログラムとサービスを提供しています。
読み続けて "

レンフリューコミュニティパーク

レンフリューコミュニティパークは活動の中心地であり、多くのレクリエーションの機会を誇っています。 子供用の遊び場と水遊び場があります。図書館やコミュニティセンターを訪れたり、ソフトボール、ラクロス、ボールホッケーをしたり、公園の一部であるスティルクリークに沿って曲がりくねった小道を歩いたりすることもできます。
読み続けて "

ケンジントンコミュニティセンター

ケンジントンコミュニティセンターには、フィットネスセンター、幼稚園、陶器工房、体育館、ダンススタジオ、サウナとジェットバス付きのレジャースイミングプールがあります。 プールのサイズが小さいので、初心者やレッスンに最適です。 コミュニティセンターはまた、5000平方フィートのシニアラウンジやその他の人気のあるプログラムを後押しします。 外、ケンジントン
読み続けて "

オークパーク
オークパーク

オークパークは、公園全体に多くの曲がりくねった小道、ピクニックエリア、そしていくつかの素晴らしい木々を提供しています。 スプレーパークは、暑い時期の子供たちにとって大きな魅力です。 オークパークには、遊び場、テニスコート、バスケットボールコート、屋外ローラーホッケー、サッカー、ソフトボールもあります。 マーポール-オークリッジコミュニティセンターは次の場所にあります。
読み続けて "

コンノートパーク
コンノートパーク

素晴らしいオークとカタルパの木が並ぶコンノートパークは、スプレーパーク、遊び場、休憩、サッカーやソフトボールの試合の観戦など、日陰のベンチのXNUMXつを楽しむのに最適な場所です。 コンノートパークには、クリケット、ラグビー、キツラノコミュニティセンターもあります。
読み続けて "

コキットラムのシティセンターアクアティックコンプレックス
シティセンターアクアティックコンプレックス

コキットラムのシティセンターアクアティックコンプレックスは、フロリダキーズをテーマにした楽しい装飾が施されています。 50メートルのオリンピックの長さのスイミングプール、飛び込み台、ロープスイング、ミニジップラインがあります。 隣接する「トロピカルラグーン」フリーフォームプレイエリアには、波のプール、流れるプール、模擬救助艇があります。
読み続けて "

カナダゲームプール
カナダゲームプール

カナダゲームズプールはハイアックスイムクラブの本拠地であり、トットプール、ティーチプール、25レーンの8mプール、深いタンクが備わっています。 各プールでは、水泳、レッスン、アクアサイズ、遊びの機会を提供しています。 また、XNUMXつのフィットネスエリアとBC州で最長の屋内スライド(グリーンサンダー)があります。
読み続けて "